fc2ブログ

山田炭鉱

福岡県 粕屋郡 久山町 山田。
上り新幹線に乗ると博多駅を出て5分程で見えてくる遺構へと向かう。
その名は麻生鉱業山田炭鉱である。

付近を散策すると珪化木でできた石垣を目にする。
ケイ素を含む珪化木はかなり硬く、石炭採掘の障害となる。
山田炭鉱が短期間で閉山した理由も
炭層に珪化木が多く、採掘の効率が悪かった為だとか。
山田炭鉱珪化木山田炭鉱地層
山の斜面にはポケットやホッパーが残されている。
索道による運炭であったためか(?)平地ではない山の中腹に選炭場が設けられている。
そのためか炭鉱の規模に対して狭い印象を受ける。
山田炭鉱選炭場3
麻生グループが運営するグランドの裏にもポケットの様なものが潜んでいる。
グランド建設の際に姿を消すかと思われたが、御覧の通り今日も健在である。
かなり頑丈に造られており崩落の危険もないとの判断からか。
山田炭鉱選炭場2
先程も触れたが、こちらでは付近に鉄道がないため
土井駅までは索道での運炭を採用している。
恐らくこの炭鉱で最も有名な遺構は
たった1本だけ生き残るこの索道鉄柱であろう。
b243.jpg
なぜ故に残されているのかは不明。閉山後すぐに土地の所有者が変わった為?
真実が判らなくても良い。このような推察や想像もまた遺構散策の醍醐味である。
山田炭鉱索道3
錆ついた鉄柱は付近の宅地化などで変わりゆく街並みに戸惑うこともなく
その細い体で堂々と踏ん張って建っているように見える。

山田炭鉱は昭和23年~41年と短い期間の操業だが、
多くの遺構が残っており多くの廃墟ファンを惹きつけている。
スポンサーサイト



  1. 2012/02/27(月) |
  2. 炭鉱-福岡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<矢ノ倉岩崎炭鉱 | ホーム | 神ノ山炭鉱 -炭鉱住宅->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/tb.php/36-18ee824e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フクダジマ

Author:フクダジマ
各地でひっそり生き残る、明治大正昭和生まれ物件との出会いを求めて探検した記録を紹介いたします。

最新記事

カテゴリ

あいさつ (1)
炭鉱-北海道 (29)
炭鉱-福島 (16)
炭鉱-茨城 (5)
炭鉱-山口 (11)
炭鉱-福岡 (11)
炭鉱-佐賀 (22)
炭鉱-長崎 (22)
炭鉱-熊本 (5)
炭鉱-BE (5)
炭鉱-DE (10)
炭鉱-FR (1)
炭鉱-GB (2)
炭鉱-TW (2)
鉱山 (15)
戦争遺跡 (12)
近代化建築 (7)
鉄道 (24)
登山 (7)
その他 (3)

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR