スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

西部鉱 -磐崎坑-

福島県 いわき市 常磐上湯長谷町

常磐炭田は遺跡の宝庫。

国鉄常磐線の湯本駅から分岐していた
常磐炭鉱専用鉄道 小野田線の沿線に拓かれた
炭鉱たちの貴重な遺跡を何回かに分けて紹介させて頂く。

第1回目の本日は、常磐炭鉱 磐崎坑(西部鉱)編。

bansaki.jpg
常磐線と別れた小野田線は西へ進路を切る。
と唐突に宝海隧道が現れる。
宝海隧道11
いかにもな鉄道トンネルの断面形状。
しかしなぜこんなところにトンネルが?切り通しでもよかったのでは?
重要な輸送路ゆえ切通しによる崩落の危険を避けたのかもしれない。
というのもこの専用鉄道、異なる企業の5炭鉱が共同使用した
超重要路線であったのだ!
宝海隧道12
トンネルの天井にはススのようなものがこびりついているが、
まさかSLのものだったりして。

この後は廃線ロード(車道)がつづく。
廃線特有の緩やかなカーブを描きながら。
磐崎万石
するとほどなくして磐崎中央選炭場に到着する。
万石が線路沿いに横たわっているが、
現在、いわき市唯一の万石となってしまっている…。
ここには、常磐炭鉱磐崎坑、矢乃倉鉱業矢ノ倉岩崎炭鉱、長倉炭鉱新長倉炭鉱
の石炭が集められ、湯本駅へと運ばれていった。
磐崎水洗磐崎原炭
右側の坂上には水洗ホッパーと原炭積込場がそびえたっている。

さて磐崎坑は閑静な住宅地に潜んでいる。
磐崎通風11
まずは藪の中に残る通風坑口。巨大な扇風機が
豪快な音を立てて回っていたことだろう。
磐崎通風12磐崎通風13
坑口は巨大なコンクリートできれいに密封されており、
一見すると何もない部屋のように見える。

更に進んでいくと、藪の中に磐崎本坑連卸がある。
穴が2つ…。どのような使われ方をしたのか、
当時の写真がないため不明。
b126.jpg磐崎連
更に更に進んでいくと…。
ズシーン!
磐崎本坑本卸である。
磐崎本1
半円穴をツライチで塞いだ跡が残っている。
当時の写真を見ると、ラッパ口のような滑らかな曲線を描き
徐々に坑道をすぼめていく美しい坑口。
磐崎本扁額
扁額は坑口一体式で、『磐崎本坑』と書かれている。
昭和10年開坑、昭和43年封鎖。
b127.jpg
本卸の目の前の道路には引き揚げ線のトンネルがあったのであろう、
崩されてはいるがアール部分が確認できる。

この坑口、以前は目の前に木が2本生えていたのだが、
地元の方に切って頂けたようである。
写真を撮っていると、『木がなくなってよかったねえ』
と地元のおばあちゃんが話しかけてくれた。
温かいお言葉に感謝しつつ、5回目の訪問を終えた。

常磐炭鉱 西部鉱 扇田入気竪坑編はこちら
スポンサーサイト
  1. 2011/12/05(月) |
  2. 炭鉱-福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<立場川橋梁 | ホーム | 山野鉱業所 -小舟坑->>

コメント

【リンク報告ならびに相互リンクのお願い】

【リンク報告ならびに相互リンクのお願い】

 こんにちは。カミタクこと神山卓也と申します。

 私が運営しております、以下のホームページのサブ・コンテンツ計2箇所から、貴ホームページにリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。
○ 炭鉱マニア
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/
炭鉱を紹介するホームページです。貴サイトへのリンクの掲載ページは、「炭鉱・石炭関係リンク集」の「その他or個人による、炭鉱or炭鉱鉄道などのサイト(特定の地域や炭鉱に偏らない全国版)」欄
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/coallink.htm#jpn_per
ならびに「常磐炭田」欄です。
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/coallink.htm#joban_coal
○ 温泉天国・鹿児島温泉紹介!
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)を中心にして、鹿児島県内外の温泉と観光スポットを紹介するホームページです。貴サイトへのリンクの掲載ページは、「いわき市石炭・化石館 ほるる訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/FUKUSK01.HTM
のHP欄です。

 つきましては、貴サイトからも、「炭鉱マニア」と「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」の両方に、或いは、貴サイトの趣旨に鑑(かんが)みれば「炭鉱マニア」単独に、相互リンクして下さいますよう、お願い申し上げます。趣旨は、「相互リンクで拡げよう、常磐炭田紹介の輪!」です。

 今後共、よろしくお願い申し上げます。

  1. 2013/01/01(火) 21:11|
  2. URL |
  3. 「炭鉱マニア」HP管理人・神山卓也
  4. [ 編集 ]

Re: 【リンク報告ならびに相互リンクのお願い】

神山卓也様

ご覧戴きありがとうございます。
「相互リンクで拡げよう、常磐炭田紹介の輪!」
私も応援させて頂きます。
どうぞ宜しくお願いいたします。
  1. 2013/01/02(水) 10:53|
  2. URL |
  3. フクダジマ
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

早速相互リンクして下さり、誠にありがとうございます。
  1. 2013/01/03(木) 09:47|
  2. URL |
  3. カミタク
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/tb.php/16-d80f9116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フクダジマ

Author:フクダジマ
各地でひっそり生き残る、明治大正昭和生まれ物件との出会いを求めて探検した記録を紹介いたします。

最新記事

カテゴリ

あいさつ (1)
炭鉱-北海道 (29)
炭鉱-福島 (16)
炭鉱-茨城 (5)
炭鉱-山口 (11)
炭鉱-福岡 (11)
炭鉱-佐賀 (22)
炭鉱-長崎 (22)
炭鉱-熊本 (5)
炭鉱-BE (5)
炭鉱-DE (10)
炭鉱-FR (1)
炭鉱-GB (2)
炭鉱-TW (2)
鉱山 (15)
戦争遺跡 (12)
近代化建築 (7)
鉄道 (23)
登山 (7)
その他 (3)

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。