スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

鹿町炭鉱 -第二坑-

北松炭田において一大勢力を築き上げた日鉄鉱業の炭鉱。
その中でも鹿町炭鉱は第一坑と第二坑が離れた位置に存在し、
他の炭鉱とは別格に鉱区が広い印象を受ける。

日鉄鉱業 鹿町炭鉱 第一坑編はこちら

鉱業所の入り口にはモルタル外装の集合住宅が炭住のように並んでいる。
山の上にそびえる風車は石炭とは違い
クリーンなエネルギー源を主張しているようで皮肉…
住宅のおじいさん、おばあさん達にお話を伺ってみる。
b2841.jpg
「昭和32、3年に廃鉱になっちゃっちゃろ(実際は29年)、ここは早かっとっちゃね。
まだいっぱい炭鉱があったと下の方に、
ばってんそのうちで日鉄がとにかく一番太かった。」

「八尺炭二坑言って来よらした。 穴の高さの八尺あったとって。
ここのヤマ止(ヤ)まってから気張る人は日鉄の前加勢、大加勢行ったり
うちの兄貴達は楠泊(クスドマル)しゃんやられた。 親も兄弟も炭鉱じゃ。」

入口の広い空地には1~4年生の小学校があり、いくら近いからと言っても
鹿町炭鉱に勤める従業員の子供以外は入学できなかったそう。
「何しろ子供が多く、5,6年生は上松っつうとこまで行きよった。」
「朝鮮さんも可愛がりよったとよみんな、うちの親たちも。」
b2842.jpg
昭和初期に建設されたという住宅街のおじいさん曰く、
「あれがボタのかす場ですよ。積んどる方は大きか方たいね。
こまいヤツは相浦の発電所の原油の中に入れてボンボン燃やしとるわけさ。
火事の都合でインターチェンジ(相浦中里I.C.)の辺りまで灰が降りよったっちゃ。」
b2843.jpg
購買会の跡地、住宅街を抜けると
当時の石垣と立派な桜の木がのこる事務所の跡地に辿り着く。
坂を登るとここにも炭住が広がっていたのだが建屋はすでにない。
「竹藪とか全部社宅じゃった…」 おじいさんのお話が思い返される。
b2844.jpg
鉱業所の敷地であることを主張する「日鉄用地」と書かれた杭が幾つか立ったまま。
さすがに用地杭までは撤去していかなかったようであるが、
炭鉱無き今となっては貴重な証人。
b2867.jpg
病院や風呂屋があったという敷地には建物の基礎のみがのこる。
部屋割がはっきりとわかり、便所や倉庫なども確認できる。
ここから北東側が鹿町炭鉱の広大な用地となる。
b2846.jpg
小さな川に架かる、レールを再利用した橋の跡。
かつてはこの先にある山の上に公園と山神社があり、坂の両脇には桜が植わっていた。
そしてミゼット三輪車がこの上を走っていたという。

鹿町炭鉱 第二坑の大いなる繁栄を思い知ることができる遺構は
完全に自然に呑まれており、外からは何も見る事は出来ない。
b2847.jpg
選炭場まで降りてくると初期のものであろう素掘りの坑口が現れる。
八尺炭鉱時代のものだろうか?
横には大規模な炭住の痕跡がのこるが残骸さえ無くなっている。
b2868.jpg
この辺りは日鉄が土地を借り上げていたようで
借地にもかかわらず「日鉄借地」と書かれた専用の用地杭が設置されている。
何という律義さであろうか…

鹿町炭鉱 第二坑となってからは大きく導線が変わっている。
八尺炭鉱時代のボタ山が撤去された跡地に選炭場が設けられているようだが
その敷地に足を踏み入れると、とんでもない遺構が突然現れる。
b2849.jpg
ギリシア神殿を思わせるコンクリートの坑口、
坑道という神聖な場所を建築様式を以て主張しているかのよう。
身構えてあれこれ詮索する必要はなく、
向こうから鹿町炭鉱の威厳を勝手に送信し続けてくる。
b2850.jpg
真っ先に目が行くのは中央に煌々と掲げられた紋章であろう。
日鉄鉱業の社章と同じ外枠の中に鹿町炭鉱の頭文字と思われるS
(と思いきや、なんと八幡製鐵所の社章であった)。
恐らく1934年(昭和9年)に日鉄鉱業が参入した当時の坑口である。
このように、「第二坑」ではなく八幡製鐵所の社章を取り付けるあたり、
鹿町炭鉱の原点がここなのだと感じる事が出来る。
b2851.jpg
緩い角度の三角屋根形状の笠が載せられ、
紋章を挟む形で角柱が両側に10本ずつ立てられている。
坑門の上部はコーニスではなく、この角柱により胸壁と区別されており、
この坑道が上部の地圧を強靭に支え得るという安心感が感じられる。
縦線のルーバーは建造物ををワイドに見せる効果もある。
b2852.jpg
両端には不思議な形状をした門柱が奢られている。
三段に分けられた円柱はそれぞれがエンタシスつまり中央が膨らんだ造形。
円柱同士の繋ぎ目には丁寧に三段の輪が付けられ手が込んでいる。
柱頭に飾りがないのでさながらドーリス式といったところか。
b2853.jpg
向かって左側の門柱は、壁に接している関係上、
若干造形が甘くなっている。
これらはあくまでも門柱であり、屋根を支える柱とは
異なる思想によって取り付けられている。

最大の謎は坑口開口部の形状である。
ブロックの塞ぎ方を見ると台形もしくは長丸半円のように思われるが…
ちなみにブロックの上から更に補強のコンクリートを中途半端に塗り付けている。

すぐ右側には素掘りの斜坑が不気味に佇む。
同様にブロックの上からコンクリートを塗り封止している。
素掘り坑口の中ではトップクラスの広さである。
b2854.jpg
封止コンクリートが風化し、内部を確認する事が出来る。
大味に削られた坑口は漆黒の地中深くまで続いている。
隣の坑口とはどの程度下ったところで合流しているのだろうか…。
これら2つの坑口が同時に使用されたのか、
或いは切り替えられたのかはわからない。
同時に使用されたとすると前者が連卸だろう。
b2855.jpg
離れた位置には排気坑の設備を持つシンプルな斜坑も生き延びている。
こちらはコンクリートブロックではなく、岩で封止されている。
b2856.jpg
使用停止の時期が前述の2坑口と異なるのかもしれない、
というのもこの排気斜坑と2坑口の方向が180°異なっている。
どちらかがスイッチバックしなければこれらの坑道が交わることがない。

集められた石炭は隧道をぬけて鹿町一坑へと運ばれていく。
隧道は土砂が崩れ跡形もない。

1912年(大正元年)第一坑よりも早く第二坑は鹿町炭鉱として拓かれる。
「八尺」と名付けられているが試錐の誤認であり実際の炭層は八尺もない。
1917年、大倉組と共同経営を開始。
第二坑は1954年(昭和29年)の閉山である。

国内の製鉄技術を向上させる足掛かりとなった鹿町炭鉱 第二坑。
b2870.jpg
現在では穏やかな時間の流れる山林に変化してしまったが
所々に残る遺構や人々の記憶から当時の賑わいを想像する事が出来る。
そのような時間はとても贅沢であり、そのような場所はとても貴重である。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/08(日) |
  2. 炭鉱-長崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軍艦堤防

福岡県 北九州市 若松区 響町

戦時中もしくは終戦後にほとんどが破壊されたため、
まともに残るのは三笠、宗谷(特務船)だけであろう日本海軍の軍艦。

そんな状況の中で、堤防として使用するために沈められた軍艦が存在する。
1917年(大正6年)に竣工した駆逐艦「柳」である。
b2065.jpg
甲板上の構造物は撤去されてはいるが、
堤防のコンクリートから飛び出す錆びた金属は
明らかな船首の形状を維持している。
b2832.jpg
船尾側もはっきりと形状がわかるが
甲板上にもコンクリートが流されているため輪郭しかわからない。
艦橋などは撤去された上でここに沈められたのだろう…
b2067.jpg
戦後間もない昭和23年9月に、他の駆逐艦「冬月」「涼月」とともに
洞海湾を響灘の荒波から守る防波堤として沈められた。
(北九州市港湾局説明板より抜粋)

1917年(大正6年)5月 佐世保海軍工廠竣工「桃」型二等駆逐艦
6月 第二特務艦隊第15駆逐隊、地中海へ
8月 マルタ島到着、英海軍と共に通商保護作戦に従事
1918年3月 仏、輸送船「ラ・ロアール」を救助曳航 500名以上を救助
1919年6月 横須賀港へ帰還
1940年(昭和15年)4月 佐世保係留 除籍
(北九州市港湾空港局説明板より抜粋)

近年、柳の周囲をコンクリートで固める風化防止策が施された。
b2068.jpg
このような形で末永く保存されることになろうとは
当時の人々は予測できたであろうか。
いずれにせよ大変貴重な戦争の証言者である事には違いない。
  1. 2016/02/18(木) |
  2. 戦争遺跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Erin 炭鉱 -第3立坑-

Germany Nordrhein-Westfalen Recklinghausen Castrop-Rauxel.

Essen と Dortmund の間に位置する
Castrop-Rauxel において最初に拓かれた炭鉱であり、
最後まで稼働した炭鉱でもある。

Erin 炭鉱 第7立坑編はこちら

第7竪坑櫓がそびえるコークス工場から東側に位置する住宅街に足を向ける。
度重なったガス爆発に対しての対策として1889年から1891年の間に第3立坑を掘削。
通気目的の立坑だが当初は鉄骨の櫓を建設していたという。

1929年、老朽化したヤグラを置き換える目的で、新製ではなく
何故かハンマーヘッドのヤグラを他の炭鉱から移築している。
ルール地方の炭鉱では珍しいケース。
b2825.jpg
緑豊かな公園にそのヤグラが保存されている。
元はドルトムントにある Westphalia 炭鉱の第2竪坑櫓であり1917年に建設されている。
第7ヤグラ同様、白く大きな文字で「ERIN SCHACHT 3」と書かれているが
Erin 炭鉱の所有になった事を主張しているかのようにも見える。
b2826.jpg
最上階左側に巻揚機が存在しているのだが、丁度真下に当たる位置に、
建物をはみ出す矢弦車のカバーが取り付けられており面白い。
スマートで整ったヤグラだが、やはり内部は窮屈なのか…
b2827.jpg
北側に回り込むと意外にも複雑な造形を目の当たりにする。
内部には確実にケージがあるはずだが
4方向すべて煉瓦の外壁に覆われており様子がわからない。
エアーシャフトでありどこかに扇風機が付随するはずなのだが…
b2828.jpg
ERIN SCHACHT 3 かと思ったがこちらは1887年から経営した
「GELSENK. BERGWERKS AG」と書かれ、ひと捻りが面白い。
Gelsenkirchener Bergwerks AG (GBAG)は閉山まで Erin 炭鉱を経営。
b2829.jpg
外壁は煉瓦造りだが、「UNION D.N.30」と書かれた鉄鋼材のフレームが使われている。
鉄鋼王と呼ばれたAndrew Carnegie 経営のユニオン製鉄所かと思いきや
どうやらドルトムントのUNION AGという会社らしい。
b2830.jpg
三角屋根の住宅地に三角屋根のヤグラが自然に溶け込んでいる。
給水塔の様なスマートさでもあり、
瓦屋根ではないが日本の帝冠様式のような威厳も感じられる。
b2831.jpg
ドイツ国内にはいくつか煉瓦造りのワインディングタワーがのこされるが
同じ形状のものは2つとない。
それぞれ意匠に特徴があり面白い。
すべてが近距離に集まっていれば有難いのだが…
  1. 2016/02/10(水) |
  2. 炭鉱-DE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿町炭鉱 -第一坑-

長崎県 佐世保市 鹿町町

周辺を写したひと昔前の航空写真を見ると、
他を圧倒する巨大なボタ山が目に留まる。
松浦炭田において一大勢力を築き上げた日鉄鉱業経営の
鹿町炭鉱 第一坑の輝かしき勲章である。

現地に赴いて確認してみる。
あれ程の巨大なボタ山であっても
50年以上も経てばただの山にしか見えなくなる。
b2076.jpg
長年かけて覆い尽くした木々と、
風雨に洗われて崩れてしまった形状のせいか。
ボタ山の崩落が懸念された時期もあったようで、
負の遺産として扱われる場合もある。
b1595.jpg
ボタ山の麓に残るシックナーや原炭ポケットの存在がせめてもの救い。
冬でも青々と生える野バラのトゲを掻き分けて原炭ポケット直下まで来てみたが、
レールなどはすでに撤去されている。
b2081.jpg
残存物はこれだけと思いきやボタ山とそのポケットを結んだ直線上には
レアな形状の坑口が現在までのこされ続けている。
鹿町炭鉱においてメイン坑口の1つであった東坑である。
b1597.jpg
1つの胸壁に2つの半円坑口が開くタイプは
北海道の美唄炭鉱でも見る事が出来る珍しいものだが、
それぞれの坑口に扁額が付くという更に上をゆく変わり者である。

三井鉱山 美唄炭鉱はこちら

b1598.jpg
向かって右側は「東坑」と書かれた扁額を掲げる。
2つの坑口を指して東坑なのだろうが…
接近しての確認は出来ないが、はめ込まれた扁額は金属製とみられる。
b1599.jpg
滑らかにR処理された坑口の縁に丁寧に塗られたモルタルが様になっている。
ひと口に日鉄といっても鉱業所によって坑口のデザインはこうも異なる。
(日鉄神田炭鉱のシンプルな坑口などと比較して)
失礼ながら「やれば出来るじゃないか!」と上から目線で呟く。
b1600.jpg
向かって左側は「本ヶ浦捲道」と、地名と用途が名付けられている。
何ゆえに「東」と「本ヶ浦」別表記なのか解せないが
坑口名と坑道名なのかもしれない。
捲の文字は斜坑の証、これらは確実に斜坑であろう。
b2871.jpg
両坑口の間には鉱山マークが描かれた丸い金属板が付けられており
その下には神棚を祀っていた跡がのこる。
後で知ったが鉱山マークは日鉄鉱業の社章である。
扁額とは別の位置に社章が付いた坑口は同県の栢木炭鉱と並び貴重。
この坑口のレア度がまた1フクダジマポイント上昇した。

栢木炭鉱はこちら

全体に目を向けてみると、3段の笠が左右目一杯に渡され、
両端には太い壁柱が形成されている事がわかる。
更に胸壁には綺麗な弧を描く一筋の曲線が彫られている。
これらの装飾が2つの坑口を違和感なく調和させ、全体を引き締めている。
b1603.jpg
他炭鉱にない独特の美的センスを持つ東坑は
ここでしか観ることが出来ない貴重な資料、
のこして下さった地域の方々に感謝である。
b1604.jpg
坑道を塞いだブロックからは絶えず坑内水が流れ出す。
この水は水源として利用されており、
幸運にも坑口がのこされる事になった理由である。
b2835_2016020121043916f.jpgb2836.jpg
「魂はもうおられんけどね…」と教えて頂いた山の神様の祠には
マルに山と書かれた意味深な紋章が確認できる。
コンクリート製の祠は頑丈であり原形を保っている。

これ程豪儀な坑口なら本坑と呼ばれてもよさそうだがあくまでも東坑、
理由は他にも出炭を行っていた大きな本卸坑口が存在するから。
東坑開坑以前は専らここから採炭されてきたのだろうか、
埋もれかけた第一坑が今でも扁額を掲げている。
b2077.jpg
正真正銘、鹿町一坑を代表する坑口だが、
かつての本卸坑口も時間が経ってしまえばご覧のとおり。
ただの落とし穴になってしまっているこの悲しさ…
どうにかのこり続け、輝かしい採炭の歴史を語り継いで欲しいもの。
b2078.jpg
内部はしっかり封止されているが断面が単純な半円ではない事がわかる。
見た目以上に坑道の幅は広く、かつての本卸の面影を十分表している。
現役当時は複線のトロッコ線路が敷かれている。
b2080.jpg
「坑口から排水された坑内水は上の貯水槽に一旦集められ
日鉄が掘ったあのトンネルから出てきよった」
と元坑夫のおじいさんに教わる。
ケーブルの名残も確認できるが現在はただの川である。
東坑に対して西坑はこのすぐ隣だが跡形はない…

ここに食堂が…炭住が…と教えて頂くも、ただの荒地にしか見えない。
おじいさんの脳内映像を見る事が出来たならあまりの変貌に驚くに違いない。
b2837.jpg
付近の段々畑の先には火薬庫が確認できる。
爆発事故の被害を最小にする目的で築堤越しに建てられており
本ヶ浦など他の日鉄炭鉱でも同様の造りがみられる。
b2838.jpg
しかしこの近くにだけは住みたくない…

大加勢地区の炭住街へ降りてみる。
目抜き通りや整然とした長方形の区割はそのままだが、
新しいRC造りの住宅が建ち並ぶ。
b1607.jpg
炭鉱稼働時代を知る、突き当たりの西肥バス営業所はすでに撤去されている。
「映画館も発着場ももう何ものこっとらんよ…」
永遠に戻らない過去の風景であり同じ場所に立ち感慨に更ける他ない…
b2840.jpg
新作映画の封切日だろうか、賑わいし昔日の写真を見せて頂く。
居住スペースが併設されたバスセンターや発着場は
近年急速に数を減らしている。
b2802.jpg
昭和初期~中期の建物が注目され遺産に認定されるには
あとどれだけの時間が必要なのだろうか…。
b2839.jpg
積出港の区画はそのままだが設備は皆無、
大型船が横付けされていたとは信じがたい程静か。
写真は大加勢第一埠頭であり、横の跡地には小学校が建設されている。

1920年(大正9年)に浜野冶八より八尺炭鉱を、
鹿町炭鉱株式会社より大加勢炭鉱を政府が買収し、
官営八幡製鉄所二瀬出張所の所属とする。
1926年、加勢鉱(鹿町一坑)を開坑。
1927年(昭和2年)二瀬鉱業所、1936年鹿町支所へ昇格、
1939年には日鉄鉱業北松鉱業所となる。
当初は池野炭鉱の管轄であり、
1945年に独立したが、翌年政府の命令により再び北松鉱業所となる。
鹿町町の人口は1950年に2万人を越えたが、
1963年の閉山後、8千人弱となり元の静かな町に戻ってしまった…

松浦炭田と言えば日鉄鉱業株式会社。
大きな炭鉱であっても徐々に面影を失ってゆくが
のこされた遺構の一つ一つからはこの地域の主である威厳を感じる事が出来る。

日鉄鉱業 鹿町炭鉱 第二坑編はこちら
  1. 2016/02/01(月) |
  2. 炭鉱-長崎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Erin 炭鉱 -第7立坑-

Germany Nordrhein-Westfalen Recklinghausen Castrop-Rauxel.

Essen と Dortmund の間に位置する
Castrop-Rauxel において最初に拓かれた炭鉱であり、
最後まで稼働した炭鉱でもある。
創業者の Wiliam Thomas Mulvany はアイルランド人であり
「Erin」とはアイルランドの古い呼び名。

閉山までに計7つの立坑が掘削されたが
現在、保存されているヤグラは2基。
2基でも保存されているのならば良い方である。

非電化ローカル線 Castrop Rauxel Sud 駅から徒歩で20分、
現在も賑やかな商店街を抜けると Erin Park に到着。
Erin 炭鉱で一番大きな鉱業所の跡地であり、
入口にはグリーンの第7竪坑櫓がそのシンボルとして保存されている。
b2824.jpg
ヤグラの頂上部にはサンセリフ体で「ERIN」の文字。
アルファベット4文字は短く端的であり遠くからでもわかりやすい。
夜は看板だけでなくヤグラ全体がグリーンのライトに照らされ美しく輝く。
元々ヤグラの下部には建屋があり黒い塗装の部分は建屋内であったが
ヤグラ以外の建築物はすべて撤去されてしまっているため
余計に68mもの背の高さが目立つ。
b2814.jpg
矢弦車は4台、2台ずつ巻揚機の方向へ向いている。
晩年は片側しか使用していないヤグラが多い中で、
こちらでは閉山間際まで4本のワイヤーが張られている。
矢弦車には鳥避けネットが張られているが他のヤグラではあまり見掛けない。
b2815.jpg
4列のケージには2段分の扉が付いている。
建屋があった時代には2階部分に床が設置されていたのだろうか。
内部を覗くと、ワイヤーのないケージがそのままのこされている。
b2816.jpg
ケージの壁はパンチングメタルになっているが下降の恐怖心を煽りそうなもの。
立坑はやはり埋め立てられており、下には土が溜まっている。
深さは955m、同炭鉱の中で最も深い立坑。
b2817.jpg
摺り木もまだまだ朽ちていない。
リベット打ちが物々しい外壁に年代を感じるが
戦争被害から復旧して3年後の1954年に建立されており思いのほか新しい。
b2818.jpg
この種のヤグラでは最も新しい Bauart Dörnen 形式で、
斜めの支柱とプーリーステージが一体物である事、
プーリーステージとガイドフレームの接続が
鋼板2箇所による保持となっている事を特徴とする。
Zollverein 炭鉱の第1竪坑櫓と同じ形式である。

RAG Zollverein 炭鉱はこちら

この敷地内には第1、2、4立坑も存在したが
他はすべて撤去、埋立てられてしまっている。
代わりに植えられた木や芝生が人々の憩いの場へと変化させており
普段の生活で炭鉱を身近に感じられる場所となっている。
b2819.jpg
他のヤグラは確かにないが、土台部分だけは現在でも見る事が出来る。
頑丈なコンクリート故に撤去されなかったようである。
公園の中央部分に現役当時はなかった小高い丘が形成されているが
工場の汚れた土壌を密閉する為のものだとか。
炭鉱跡地を公園にする為には時にこの様な判断も必要なのだろう。
b2820.jpg
丘の上から第7竪坑櫓の方向を見てみると、
直線上にハンマーヘッド型をしたヤグラの姿が確認できる。
Erin 炭鉱で保存されているもう1基のヤグラ、第3竪坑櫓である。
b2821.jpg

Erin 炭鉱 第3立坑編はこちら

更に周囲を見渡すと、炭鉱ひしめくルール工業地帯らしく
他の炭鉱のヤグラが一瞬で見つかる。
写真はTeutoburgia 炭鉱の第1竪坑櫓でありこちらも保存の対象となっている。
b2822.jpg

1867年(慶応2年)に Preußische Bergwerks und Hütten AG として出炭を開始。
1870年(明治3年)にはコークス工場を開いている。
その後ガス爆発が相次ぎ、
1887年からは Gelsenkirchener Bergwerks AG の経営となる。
1889年に通気目的の第3立坑を掘削。
1915年(大正4年)にはコークスが過去最高21万トンとなるが、
1923年、フランス軍、ベルギー軍によって占領され生産減少。
1951年(昭和26年)、第二次大戦被害から復旧を果たす。
1957年、コークスの生産が最高の83万トンとなる。
1983年に閉山を迎え、多くの建物が撤去されるが貴重なヤグラが2基保存され現在に至る。

b2813.jpg
モダンでスタイリッシュなヤグラは他の炭鉱と一線を画している。
多くの企業が周辺を事業所として使用しており、
現在もこの地域の経済を支える重要な場所となっているため
人口が多く、さびれた雰囲気は全く感じない。
  1. 2016/01/27(水) |
  2. 炭鉱-DE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

フクダジマ

Author:フクダジマ
各地でひっそり生き残る、明治大正昭和生まれ物件との出会いを求めて探検した記録を紹介いたします。

最新記事

カテゴリ

あいさつ (1)
炭鉱-北海道 (29)
炭鉱-福島 (16)
炭鉱-茨城 (5)
炭鉱-山口 (11)
炭鉱-福岡 (11)
炭鉱-佐賀 (22)
炭鉱-長崎 (22)
炭鉱-熊本 (5)
炭鉱-BE (5)
炭鉱-DE (10)
炭鉱-FR (1)
炭鉱-GB (2)
炭鉱-TW (2)
鉱山 (15)
戦争遺跡 (12)
近代化建築 (7)
鉄道 (23)
登山 (7)
その他 (3)

月別アーカイブ

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。